2010年12月アーカイブ

店長日記・・・

もう~い~くつ寝~ると~お正月♪

音痴だなぁ(T_T)

 

 

今日は、仕事納めです。

大掃除をして、挨拶まわりして、門松作って・・・

 

門松.JPG

 

 

新年の準備を整えました\(^o^)/

 

ショールーム.JPG

 

 

今年も色々な事がありましたが、素敵なお客様と一緒に

沢山の「ものづくり」をさせて頂く事が出来ました!

本当に有難うございました。

 

 

鎌倉ショールームは12月29日~1月3日まで休業させて頂きますので

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2011年は1月4日(火)よりの営業となります。

では、来年も皆様にとって素敵な一年でありますようお祈り申し上げます。

良いお年を!!

 

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

吉澤でした。。

 

 

 

 

 

 

クリスマスとはいえ仕事に追われる、、、それが現実(^_^;)

それでもいつもとはちょっぴり違う楽しみを見つけて、

今年もあと少し、がんばりましょう!鎌倉ショールーム横田です。

今日は店長より素敵なクリスマスプレゼントがありました☆

ショールームの秘密部屋、、、それは掃除用具や荷物置きと化した給湯室。

いやいやここはお客様に美味しいお茶を入れる場所、

これではいけない!と店長の職人魂に火がついた。

xmas1.jpg

オールドパインの床材をリメイク。

クリーニングに面取り、組み立て、仕上げはRUSTIC自慢のステイン&ワックス。

あっという間に!

xmas2.jpg

使い込んだオールドパインの風合い、写真で表しきれないのが残念ですが

スタッフ一同感激!の空間に変身しました。

そして、、、

xmas3.jpg

こんな心遣いも忘れません。

今日もまた木の生かし方にこだわり、人を喜ばせることを考えている。

明日はどんなお客様に楽しんでいただきましょうか。

 

店長に乾杯☆Merry Christmas!!

 

 

 

 

 

SHAWS のご紹介

クリスマスまで指折り数えるまでになりましたね~(^、^)。

皆様は、クリスマスの準備は完了ですか?

ケ〇タ〇キーも予約完了ですか?

とお尋ねつつ、私は何もしてない

鎌倉ショールームの今橋です。

 

さて今回は前回のブログで振れさせて頂きました、

英国のシンクメーカー "SHAWS"のご紹介をさせて

頂きたいと思います。

Sinks-Logo.gif

 

私がこちらのメーカーに訪問させて頂いたのは、昨年の5月でした。 

マネージャーのリチャードさんに出迎えられ、

「今年は大雪でさ~最近まで雪がすごかったんだよ~、

しばらく会社も閉鎖してたもん」

っておっしゃりながら案内をしてくれました。

 

そうです・・・・・・。このSHAWSは田舎町にあり、

しかも本当に小高い丘のところにポツン・・・・・と

たたずんでいるので、見つけるもの至難の業(笑)。

これが、大雪に埋もれて・・・・と考えると・・・・・・、

はい。 何も分からなくなること間違いないと思いました!

 

RUSTIC TWENTY SEVENでは、こちらの陶器製の

シンクをお取り扱いしております。

1つ1つ丁寧に手作りであり、各セッションごとに熟練した

職人が対応しております。

まさに、弊社と同じシステムなんです!!

使う粘土や水までも厳選しているんですよ!!

 

さて、作業を少しご紹介をしたいと思います。

 

↓シンクの排水溝の穴ももちろん手作業で

くりぬいていくんですよ!!

躊躇することなく、パパッと作業を進めいていく様子は、

さすがの職人技でございます。

加工1.jpg 

 

↓これは面取り作業です。

この方も10年近くお仕事をしている生粋の職人さんです。

面取り.jpg

 

↓面取りのあと、やすりをかけて

滑らかにします。やすりをかけるだけで、

つやつやとしてきます。

やすり.jpg

 

↓見て下さい!!このつやつや感。

完成.jpg

 

この後、乾燥工程を経て釜へ出発します。

 

↓出来上がりです~。

色はビスケット(左)とホワイト(右)の2色展開です。

色.jpg

 

その後最終の厳しい検査を経てお客様のもとへ出発となります。

素敵なキッチン空間にぴったりなシンクですので、

ぜひ選択してみてはいかがでしょうか?

 

シンク1.gif  

ちなみに、このSHAWSにはシンク部門と美術部門とかあり、

美術部門では、美術館や公共施設などの壁や柱の

作成をしています。私たちが訪れたときも、

丁度NYの美術館からの依頼があったのことで製作していました。

ロンドンですと、ヴィクトリアアルバート美術館の外壁や柱などを

納めているとのことです。

ぜひ、お越しの際は、外壁や柱なども観察してみてはいかがでしょうか?

この細かい細工に感銘をうけると思います!

 

それではみなさま、風邪に気をつけてくださいませ~。(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

キッチン実例

 

街中はクリスマス一色ですね。

ご無沙汰しております、鎌倉ショールームの西林です。

 

今日はキッチンを納品させていただいた小林さま邸のご紹介をしたいと思います。

小林さまは "できるだけ自然素材で、できるだけ自分たちで" をモットーにした

ハーフビルド設計工房さん  http://www.hbh-nasu.com/  でお家を建てられました。

床や天井は無垢材、壁は漆喰、をなんとご自分たちで施工されました。

 

                                玄関です。

玄関.JPG

                              玄関を入ると・・・・

 

 

                              どどーーーん!

キッチン全体.JPG

                          薪ストーブの奥に見えるのは

                            弊社のキッチンです。

 

 

 

                             近寄ってみましょー

キッチン.JPG                       朝起きて、この空間が広がっていたら

                           朝食作りも楽しいですねー

                     なんとキッチンの塗装は小林さまの手によるもの

 

 

                        施工だけでなく、家具も作ってしまいます

手作り.jpg

                キッチン横のキャビネットは小林さま作   階段の飾りも小林さま作

          

  

 

                  キッチンのシンクは、英国のSHAWS社の陶器シンクです

シンク.JPG

                       ぽってりとした女性らしい優しいラインです

                     これは英国の熟練した職人が最後に手作業で

                         仕上げることで生まれるラインです

 

 

ほんの一部のご紹介でしたが、英国のコッツウォルズにあるような

時がゆっくりと流れている空間でした。

(コッツウォルズに行ったことはありませんが・・・きっと、こんな感じ!)

 

改めて英国のSHAWS社の陶器シンクをご紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

            

 

 

鎌倉 SHOPめぐり

だんだんと吹く風が冷たくなって参りましたね。

鎌倉ショールームの今橋です。

小学校ではノロウィルスが猛威をふるっているようで、

学級閉鎖などもあるようです。

皆様、お変わりございませんか??

 

さて、RUSTIC TWENTY SEVENでお取り扱いしておりますオールドーオークの木材は、

はるばるベルギーより船に乗りやってくるのですが、

同じくベルギーより飛行機にのってやってくるチョコレートたちを

ご紹介したいと思います。(念のため、弊社ではお取り扱いしていませんので・・・・・)

 

鎌倉の若宮大通りぞいにある(鎌倉駅より八幡宮に向かって歩いて行っていただくと、

左手にみつかります。)その名を "レオニダス" といいます!

店舗.JPG

ここのチョコレートは、1粒いくらではなく、総グラムでの販売です。

なので、どれを選んでも自由!!なんです。種類も豊富でいつも迷ってしまいます。

大人な皆様に、ぜひ一度お試しになって頂きたいのは

"オランジェリー"という商品です。(人気商品だそうです!)

オレンジピールをダークチョコでコーティングしたものなのですが、

甘すぎず、口の中でオレンジの風味が広がり、なんとも贅沢な味わいです。

オランジェリー.JPG

 

しかーし、一番ご紹介したいのは、チョコレートではなくゼリーなんです!!

ゼリーのお菓子は、なんとなく好きでなかったのですが、これを戴いたときは、

衝撃!!が走りました。それ以降、はまってしまった贅沢なゼリーでございます。

ゼリーだというのに、なんともジュシーで、なんともみずみずしく、本当の熟した

フルーツを戴いているかのよう・・・・・・。

だまされたと思ってぜひお試しください(笑)!!

ゼリー.JPG

形もかわいいですよね~。

ギフトとしても最適ですので、ぜひぜひ味わってみてくださいませ!

男性の皆様!大切な女性にクリスマスプレゼントと一緒に贈ってはいかがでしょうか?

絶対にカブが上がります↑ ↑。

チョコBOX.JPG

 

今年はサンタさん来るかな~と思いにはせる今橋でした。

皆様、お体に気をつけてお過ごしくださいね~(^^)/

 

 

 

店長日記・・・

鎌倉を散策する方々の服装から冬を感じる今日この頃

ふら~と外を眺めていると・・ん?

お店の外に出している「バーバックチェア」の様子が変です。

近くに行って見てみますと・・・!!

 

 

雨の痕が(>_<)

 

塗装前.JPG

 

 

 

メンテナンスしなくてはいけませんねー。

 

 

初めに180番ペーパーで、ゴシゴシ。

 

180ペーパー.JPG

 

 

 

次にワックス「アンティークブラウン」で拭き拭き。

 

ワックス.JPG

 

 

 

 こんな感じです↓↓

 

ワックス2.JPG

 

 

 

 

そんなこんなで、元通りに戻りました!!

 

塗装後.JPG

 

 

 

今回は、雨痕がしっかりと残っていたのでペーパーを使用しましたが、

通常のメンテナンスはペーパーをかけない事が多いので

もし、ご不明な点がありましたらご連絡くださいませ。。

 

 

 

最後に記念写真をパチリ!

 後ろの「グレートオールドパインテーブル」もメンテナンスしたので光ってますね^^

↓↓↓ 

 

完成.JPG

 

やっぱり木工作業は楽しい~(^o^)

吉澤でした。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉スタッフ横田です。

12月に突入し、今年も残すところわずかとなりました。

先日パナソニックリビングのショールームを訪れたところ、

カレッタ汐留で"Blue Ocean"というイベントが開催されていて

あまりにも美しいのでパチリ!ヴァイオリニスト葉加瀬太郎氏の

音楽に合わせたほんの10分間のショーですが、

クリスマスを感じる癒しの一時でした。

 

xmas.jpg

 

国内メーカーはやはり機能性とメンテナンスの安心感が魅力ですね。

パナソニックのIHはグリル機能が優秀で魚が美味しく焼ける人気の商品です。

天ぷらもカラッと美味しく揚がりますよ。

 

panaih.jpg 

"オールメタル"は今まで使っていたアルミや銅鍋もそのまま使用できます。

ただし、IHはコンロ自体が加熱されるのではなく鍋の底が反応して加熱されるので、

底が平らな鍋であることが条件です。

"ラジエントヒーター"はIHとは違い、 コンロの面が熱くなるので、

金網をおいて炙り物などもすることができます。

土鍋の使用もできますが、火力が弱いので、やはり冬の楽しみ鍋料理は

卓上コンロに土鍋を囲んで、、、がおすすめです。

IHもガスと同じく、幅が60センチのタイプのほか75センチのワイドタイプも

ありますので、キッチン全体の幅に合わせてご検討下さい。

海外メーカーのものはスタイリッシュなデザインのものが沢山ありますので、

また近いうちにご紹介しますね。

それでは今日はこのへんで。

 

 

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30