2011年8月アーカイブ

来る10日(土)11日(日)鎌倉ショールームにて

SHAKERキッチンフェアを開催いたします。

古い伝統を大切にしながらインテリアの先端をいくイギリスのキッチンメーカー

"deVOL社"で作られたSHAKER KITCHEN。

余計なデザインをそぎ落としたシンプルな美しさと品質にこだわったSHAKER KITCHENを

ショールームに展示し、ご案内いたします。

特典もご用意しておりますので是非ご来場下さい。

 

devol_1.jpg 

 また、鎌倉ショールームに新しいキッチンを展示しています。

天然御影石を天板に使ったゴージャスなラスティックキッチン。

グレーホワイトで上品な仕上がりです。 

showroom1.jpg 

 

木製天板の総無垢キッチン、こちらは高知の職人技が見えるキッチンで

温かみと素朴さが魅力です。

showroom2.jpg

 

SHAKER KITCHENはメープル材の天板に陶器製のダブルシンクのものを展示しています。

showroom3.jpg

 

2010年ニューモデルFUJITAデザインのレイルウェイシリーズはダイナミックなコンクリートの天板。

男性も魅了されてしまう材質オールドオークを使ったキャビネットです。

showroom4.jpg

新しくなった鎌倉ショールームへ是非ご来場ください。

お待ちしております。

 

 

 

大切にする心が宿る家

猛暑が続いておりますがいかがお過ごしですか?
鎌倉ショールームよこたの夏は、現場の多い季節となりました。
"現場"といっても、採寸やレイアウト、施工、打合せ、取材など
いろんなケースがありますが、今日は7月に伺った
石川県金沢のK様邸の取材レポートをお届けいたします。

金沢は"晴れ"が少なく"曇り"が多いのだそうです。
しかしその日は青空!
K様邸は緑が美しいな並木道の先、
リゾートホテルのような素敵な佇まいです。

top.jpg

昨年キッチンを製作させていただき、
年が明けてまだ寒い季節に施工でしたね。
オール引出しで収納力抜群のオーダーキッチンは
引出の高さから奥行き、どこに何を収納するかをじっくりと
打合せしたうえで作りました。
『計量カップも立ててそのまま出し入れできるんですよ』と
嬉しそうなK様の笑顔、この瞬間がたまりません♪
kitchen1.jpg 

 

kitchen2.jpg

デザインは上品でさりげないクイーンパインシリーズの飾りに
クリアホワイトをベースに天板のみオスモのチークカラーの
オイル塗装で仕上げました。

色は、壁やフローリング材の質感とのバランスが大切ですね。
背面のカップボードには扉に
K様の旧家でお使いだったガラスを使っています。

 

cup_b1.jpg 

 

cup_b2.jpg

2階書斎にはバーシンクのみのミニキッチンを
入れさせていただきました。
ブラス色のクラッシックな水栓と
本体のラスティックカラーが懐かしいレトロな感じをだしていて
階段途中の小窓もポイントになっていました。

 

mini_k1.jpg

 

mini_k2.jpg

建具に使われているガラスもお父様の旧家で使用していた
ものであったり、カーテンもリメイクであったり
そこかしこに大切にされているものがあります。
"大切にする心が宿る家"
K様邸の居心地のよさはこんなところにあるのでしょうね。

 

 

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30