2012年9月アーカイブ

9月17日、不安定なお天気の中、きらくなたてものやの社長日高さんと
K様邸の見学会、まずは雨水を払うところから。。。。。

20121917_1.jpg


それでもお客様は20名を超え、ファミリーが多く賑やかな見学会となりました。
ヒノキや杉などの良い香りが漂い、青空が除くK様邸の中で見学会はスタート。

  20121917_0.jpg 

日高さんは日本の伝統的な家づくりを行う設計士さんです。
伝統構法は太い柱と梁のある古民家などに見られる構法。
接合部に金物を使わず、継手(つぎて)や仕口(しくち)という
加工を用います。
地震や強風などの力に抵抗するための木組みの工夫が詰まっています。
筋かいや構造合板に変わり、貫工法という曲げと圧縮に強い木の特製を
活かした構造です。

20121917_2.jpg

貫板は各階3本ずつ。
長ほぞ込み栓や蟻継ぎなどの伝統工法で
住宅も金物や接着剤に頼らずにできるのですね。

 


20121917_5.jpg

 

追掛け大栓継ぎ、金輪継ぎなど、作業性に応じて継ぎ方が決まるのだそう。

 


20121917_3.jpg

 

20121917_4.jpg

LDKが一続きとなった解放感のある間取り。
対角線上に空気が流れるようにしゃち栓継ぎなどの
工法が用いられています。

足場が濡れてるから2階は注意して上がってね。
子供たちもちゃんと約束を守って、みんな上がってみたいんだなぁ。
和気あいあい、楽しい見学会となりました。

鎌倉AS THE CORE横田より、今回は町田市の現場レポートでした。

来月は土壁の下地づくり竹小舞です。
今度は実際に手を動かせるという魅力的な機会なので
皆さまも一緒に参加しませんか?

 

こんにちは。

いつの間にか朝晩涼しくなって、食欲も増し・・・

秋を少しずつ実感する今日この頃です。

 

さて、9月17日(月・祝)に

「100年後アンティークになる家」の 構造見学会 を開催いたします。


event01[1].jpg

 

施主さまの上棟日となり、 お客様には生の伝統工法の上棟をご覧いただくまたとない機会です。

様々な仕口や組手が見られるのは丸裸のこの時しかありません!

伝統工法でしか出来ないデザイン。

大工さんが何ヶ月もかけて作り上げるパズルのような継手の数々を

建築士さんの解説付きでご案内いたします。

完全予約制です。

ご予約の方に詳細の場所をご連絡致します。

残り僅かですので是非ご参加ください!!

 

planning03.jpg

 

■日時:平成24年9月17日(月・祝) 13:30~14:30
※天候の都合で中止する場合があります。
■場所:町田市(詳しい場所につきましてはご予約の際におたずねください。)
■集合:13:30現地集合
■予約方法: お電話もしくはメールでご予約ください
TEL.0467-23-8654 | email:pine@rustic.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30